日本を見つめる

日本人としての誇りを失った国家・捏造で介入する特亜。 国益より私益の『売国奴』たち。                

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第2次大戦において、アメリカは、無差別爆撃をドイツと日本に対して行った。

ドイツのドレスデンは廃墟と化し、10数万人の人間が死んだとされている。

そして、日本は、主要都市のほぼ全てを灰にされ、一般人の被害は、数十万人と言われているが、戦争と言うものの常で完全な数字は把握されないであろうし、又、アメリカが完全な解明を許可するとも思われない。

彼らアメリカは、日本への爆撃の根拠として、一般家屋の下で、武器や軍服などの軍需品を生産していたから、彼ら一般人も戦闘員である。として、爆撃の正当化を行っている。

又、日本軍による中国の重慶爆撃を取り上げ、日本も無差別爆撃を行っていたともしているのだが、重慶爆撃と日本に対する無差別爆撃は違う。

重慶は、国民党軍が各建物の上に高射砲や対空機関砲を据えたりして、一般人を盾としていたために起こった被害であり、これは、国民を戦闘に巻き込でも平気な中国支配層の考えが起こしたものである。

日本は、一般人の犠牲を最小限とする努力をしており、重慶でも爆撃の前にビラを投下して一般人は退去するように警告していたのを、一般人を盾にするような卑怯な戦法を採った国民党政権の卑劣行為である。

真珠湾にしても、日本軍は、軍事施設しか攻撃しておらず、戦時中のアメリカ軍用機による一般人への銃撃などと比べることがおかしいのだ。

アメリカ軍は、日本に木造家屋が密集していることに目をつけて、焼夷弾と言う、ゲル状の可燃物を大量に投下し、ジェノサイド作戦を行ったと言うことなのである。

まず、偵察機が目標の確認を行い、高高度からの焼夷弾ばら撒きで一般人を攻撃すると言う方法がとられた。

軍需工場の爆撃も行われたが、主要は、一般家屋を目標とする無差別爆撃で、人道に反する行為と言われるべきなのではないのか。

東京空襲では、まず、目標の周囲を取り囲むように焼夷弾攻撃を行い、逃げ場をなくしてから、その内部を焼夷弾で焼き払う・・・これなど、まともな人間が行う戦法であろうか。

カ-ルスルメイという、アメリカ軍の将官は、当初から、一般人を虐殺することを目的とした、戦争犯罪人でしかない。

そんな男に、日本国政府は、航空自衛隊の発足に尽力したとして、勲一等を送っているのだからおめでたいものだ。

女子供のまで焼き殺すことを目的とした無差別爆撃という行為が以下に、人道に反しているか、又、アメリカという国家が敵と言うものに対しての冷酷な行為を行うことが当たり前と言う思考と言うものには、人間性を疑うしかない。

イラク戦争において、アメリカのとった行為が、実際には、侵略行為であり、一般人を犠牲にするということが、人道に反する行為であると思うが、現在のアメリカに対抗することの出来ない以上、又、的にすると恐ろしいアメリカという国家も、味方につければこれほど頼もしい存在も無いであろう。

個のあたりに、日本人の中の屈折した感情があるのかもしれない。


人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
スポンサーサイト
テーマ:戦争・原爆 - ジャンル:政治・経済
コメント

こんにちは,重慶爆撃に対する考え方参考にさせていただきましたので,TBを致しました.
今後とも宜しくお願い致します.
2006/04/01(土) 15:03:48 | URL | kousotsudr #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hidetako.blog45.fc2.com/tb.php/46-8179d67f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
[雑記][時事] 歴史捏造主義か歴史修正主義か?
未だにあのアカイ爺さんの影響力を排除できない読売の言説にしては珍しくまともな以下の社説.中共工作の一環と知ってか知らずか,のこのこと毎度,支那詣でに勤しむ間抜けな元首相達,橋龍さん,アンタの行き先は中共ではないですよ・・以下自粛. ところで,中共のいう”
2006/04/01(土) 15:01:59 | もののふのこころ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。