日本を見つめる

日本人としての誇りを失った国家・捏造で介入する特亜。 国益より私益の『売国奴』たち。                

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わが国の周辺に、反日を国是とする国家が存在し、わが国の主権など鼻むにもかけない行為を行っていることに気がついているのだろうか。

どうも、わが国のマスコミという報道機関は、反米・親共産・親朝鮮・親華人である。

そのマスコミの、特に反米と反日の報道機関が、大東亜戦争の時には、軍部をヨイショし、国民を戦場に駆り立てた報道機関なのだから、あきれ返ってしまいます。

確かに、沖縄には、わが国に存在するアメリカ軍の基地のうち75パ-セントが集中し、県民の負担は大きかろうと思いますが、では、基地がなかったらどうなるのだろうか。

沖に、共産国家の軍艦が悠々と航行し、領海侵犯や領空侵犯は頻発し、沖縄そのものを属国か、自分の領土とするためにわが国から独立を画策する組織を作り上げ、武装闘争やゲリラが闊歩する島となる可能性のほうが非常に大きいであろう。何しろ、過去、あの県の知事は言った。

『日本より、大陸中国に親近感を覚えます・・・』

こんな、媚中・媚朝鮮、思想家が知事となり(もっとも、応援するバックの連中を見ると、親共産主義、反日・媚中・朝鮮市民運動家ばかりだがね・・・)わが国の政府と県の交渉内容まで筒抜けであれば、アメリカも軍隊の情報や交渉文書をそうやたらと沖縄県には渡せんだろう。

しかし、どうもわからん・・・・今、自由を謳歌している日本人が、言論統制国家の下に本気ではいると、こいつら売国奴は思っているのだろうか。

いや、もしもの時には銃口で抑えるつもりなのかどうか・・・・

フィリピンを見ればよくわかるが、反米運動によりアメリカは基地を撤去したが、その後、中国が近づいている。

モロ・イスラム戦線などに武器弾薬を供給し、社会の混乱を作り出し、その矛先を反米闘争に結びつけた上で、アメリカ軍という目の上のたんこぶを除去した後に、南沙諸島への軍事力支配。

そして、その後は軍事協力だの経済支援だのといっての、自国勢力化にフィリピンを置くという長期戦略が現在のフィリピンの姿だ。

マスゴミはそれに気がついているのだろうか・・・・いずれは、沖縄が同じように混乱を主導した後に、独立宣告とともに、中国共産党人民解放軍の進駐のためには、沖縄のアメリカ軍の評判を落とし、基地撤去する戦略ではないのだろうか。

マスゴミはもっと冷静に、そして、国際政治という冷酷無比な世界を直視する必要があるのだ・・・・




人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
スポンサーサイト
テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済
コメント
北朝鮮による侵略に備えましょう。
防犯・防諜普及会

北朝鮮による侵略に備えましょう。

日本政府の動議により、北朝鮮非難の安保理決議1695号が可決しました。これに対し北朝鮮は強く受け入れを拒否しています。国際社会から孤立した北朝鮮にとって今後の進展は厳しいものとなり、局面の打開を目指して一気に軍事的行動に出てくる可能性が高くなります。国民の皆さんは、進んで国防に協力しましょう。特に開戦に備えてスパイ活動やテロ活動を強化しますので
2006/09/08(金) 19:57:09 | URL | 防犯・防諜普及会 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hidetako.blog45.fc2.com/tb.php/65-d10847ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。