日本を見つめる

日本人としての誇りを失った国家・捏造で介入する特亜。 国益より私益の『売国奴』たち。                

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わが国の周辺に、反日を国是とする国家が存在し、わが国の主権など鼻むにもかけない行為を行っていることに気がついているのだろうか。

どうも、わが国のマスコミという報道機関は、反米・親共産・親朝鮮・親華人である。

そのマスコミの、特に反米と反日の報道機関が、大東亜戦争の時には、軍部をヨイショし、国民を戦場に駆り立てた報道機関なのだから、あきれ返ってしまいます。

確かに、沖縄には、わが国に存在するアメリカ軍の基地のうち75パ-セントが集中し、県民の負担は大きかろうと思いますが、では、基地がなかったらどうなるのだろうか。

沖に、共産国家の軍艦が悠々と航行し、領海侵犯や領空侵犯は頻発し、沖縄そのものを属国か、自分の領土とするためにわが国から独立を画策する組織を作り上げ、武装闘争やゲリラが闊歩する島となる可能性のほうが非常に大きいであろう。何しろ、過去、あの県の知事は言った。

『日本より、大陸中国に親近感を覚えます・・・』

こんな、媚中・媚朝鮮、思想家が知事となり(もっとも、応援するバックの連中を見ると、親共産主義、反日・媚中・朝鮮市民運動家ばかりだがね・・・)わが国の政府と県の交渉内容まで筒抜けであれば、アメリカも軍隊の情報や交渉文書をそうやたらと沖縄県には渡せんだろう。

しかし、どうもわからん・・・・今、自由を謳歌している日本人が、言論統制国家の下に本気ではいると、こいつら売国奴は思っているのだろうか。

いや、もしもの時には銃口で抑えるつもりなのかどうか・・・・

フィリピンを見ればよくわかるが、反米運動によりアメリカは基地を撤去したが、その後、中国が近づいている。

モロ・イスラム戦線などに武器弾薬を供給し、社会の混乱を作り出し、その矛先を反米闘争に結びつけた上で、アメリカ軍という目の上のたんこぶを除去した後に、南沙諸島への軍事力支配。

そして、その後は軍事協力だの経済支援だのといっての、自国勢力化にフィリピンを置くという長期戦略が現在のフィリピンの姿だ。

マスゴミはそれに気がついているのだろうか・・・・いずれは、沖縄が同じように混乱を主導した後に、独立宣告とともに、中国共産党人民解放軍の進駐のためには、沖縄のアメリカ軍の評判を落とし、基地撤去する戦略ではないのだろうか。

マスゴミはもっと冷静に、そして、国際政治という冷酷無比な世界を直視する必要があるのだ・・・・




人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
スポンサーサイト
テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済
東風31号というハンドルの人にコメントを頂きました。
ハンドルも意味深ですが、内容も意味深・・・・
しかも、わざわざ中国本土からいただけるとは・・・・

220.249.22.177 

% [whois.apnic.net node-1]
% Whois data copyright terms http://www.apnic.net/db/dbcopyright.html

inetnum: 220.249.0.0 - 220.249.63.255
netname: CNCGROUP-BJ
descr: CNCGROUP Beijing province network
descr: China Network Communications Group Corporation
descr: No.156,Fu-Xing-Men-Nei Street,
descr: Beijing 100031
country: CN
admin-c: CH455-AP
tech-c: QL69-AP
mnt-lower: MAINT-CNCGROUP-BJ17620
status: ALLOCATED NON-PORTABLE
mnt-by: MAINT-CNCGROUP
changed: hm-changed@apnic.net 20050407
source: APNIC

route: 220.248.0.0/14
descr: CNC Group CncNet
country: CN
origin: AS9929
mnt-by: MAINT-CNCGROUP-RR
changed: abuse@cnc-noc.net 20060330
source: APNIC

role: CNCGroup Hostmaster
e-mail: abuse@cnc-noc.net
address: No.156,Fu-Xing-Men-Nei Street,
address: Beijing,100031,P.R.China
nic-hdl: CH455-AP
phone: +86-10-82993155
fax-no: +86-10-82993102
country: CN
admin-c: CH444-AP
tech-c: CH444-AP
changed: abuse@cnc-noc.net 20041119
mnt-by: MAINT-CNCGROUP
source: APNIC

person: qiong lu
nic-hdl: QL69-AP
e-mail: tanqian@china-netcom.com
address: CNCGROUP Beijing province network
address: China Network Communications Group Corporation
address: No.156,Fu-Xing-Men-Nei Street,
address: Beijing 100031
phone: +86-010-82856360
country: CN
changed: wuhong@china-netcom.com 20050425
mnt-by: MAINT-CNCGROUP-BJ17620
source: APNIC


人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
テーマ:特定アジアと日本 - ジャンル:政治・経済
このところ、読売に、中共の特集が乗っていますが、本日のは、最近の中共の防衛線の記述でした。が、第一防衛線がわが国の日本海沿岸となっており、ということは、最悪時には、中共は、わが国本土を自国の防衛線に繰り入れる考えがあるのではないのか。ということです。何しろ、第二防衛線が、カムチャッカから、グアム、フィリピンを結んだ線の中であり、アメリカの台湾有事での来援に対しての、妨害線でもあるわけで、最近の中共の言う『南鳥島』が岩であり、わが国の領土ではなく、又、経済水域を設置できない。という意味が、この辺りにあるのでしょう。
南鳥島がわが国の領土で無いならば、中共は、この岩礁に、南沙諸島のような人工構造物を設置して、自国の勢力化に置くことも可能だからです。
しかし、そうなったときには、竹島のように、わが国政府は対抗処置もとらず、恒久化される恐れもあり,又、最近の中共の言う,沖縄のわが国編入すら,中国領土だったものを強奪したように声高に唱えだし,又,この県にいる、馬鹿な『左翼思想家』がそれに応する恐れさえあるのです。
何しろ、前沖縄県知事は『日本より中国に親近感を覚えます』という言葉を吐き、これに、中共が答えるような場面すらありました。
本来であれば、このような発言には厳しい対処が必要であるのに、わが国のマスゴミも政府も、なんらアクションを起こさなかったことには驚きを覚えるほどです。
沖縄がなぜ、反日姿勢が継続するのかということを官僚や政府はもっと充分に考えなくてはならないのです。又、沖縄の反日思想家も、自分たちの県が置かれている戦略的位置を考えれば、先ほどの前知事のような考えが、非常に危険な思想であることに気がつくはずなのですが、どうも、思考を停止しているようで、ただの反政府から考えは脱却できないのです。
あの発言以降、中共の沖縄に対する考えは変わりました。すきあれば、沖縄を自国領土として組み込む腹でしょう。そうなれば、台湾から、九州までは、中共の勢力下となり、わが国の経済活動は完全に封じられ、わが国のエネルギ-の生命線は中共のコントロール下となり、わが国に入ってくるエネルギ-把握まで中共での使用を最優先され、そのおこぼれという『属国』と成り下がります。
今のうちに、沖縄県民の国家への帰属意志を磐石にしてゆかない限り、それは現実化するでしょう。






人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済
日本人のメンタルティは、自己謝罪優先思考なのかもしれない。

前体戦においての原因はいろいろなものがあるが、真っ先に日本が悪かったという謝罪から始まるが、これを逆手にとって居るのが、極東3馬鹿国家であり、反日在日朝鮮人たちである。

戦争というものは政策の延長であり、これは国際的にも認められている政策でもある。が、大東亜戦争というわが国が唯一の負けた戦争において、全ての原因と責任がわが国にあると主張しているのも、やはり極東の3馬鹿国である。

又、わが国内において、日本という国家そのものを陥れることに狂騒している左翼系や最大宗教団体などを見れば、日本人という人種は、戦前で消え去り、戦後の日本人は全く違う民族となったのだろう。

大東亜戦争というアジアでも最大の戦争の一方の当事者が日本であるが、他方の当事者、中華民国とアメリカとはすでに和解し、その他の、終戦直前に参戦して、火事場泥棒のように略奪を重ねた国家は、一応戦勝国として免責されているが、これなど、アメリカは厳しく追及するべきだろう。

又、中華人民共和国のように、わが国の敗戦時には存在もしていない国家が戦勝国連合といわれる国際連合の安全保障会議、常任理事国という地位に居るが、中共は、加盟以前に、その国連においての国連決議によって朝鮮半島に派遣された、国連軍と戦闘を行った国家であり、本来であれば、当時のソビエト連邦及び中共は、国連に対しての『敵国』であり、大きな顔など出来ないのではないのか。

又、韓国という、戦後、アメリカの軍政下でやっと独立できたのが、朝鮮戦争直前であり、その朝鮮半島で、北朝鮮と、中共、ソビエトなどの共産主義国家によって国民の多くが犠牲を強いられたのだが,最近は、助けたアメリカなどの自由主義国家より、侵略し、国民を虐殺してきた共産主義国家に擦り寄るという『属国』状態を作り出している、サヨク政府『脳無ヒョン大統領』なのが面白い。

もともと、朝鮮は、1910年に日本に併合という形で日本と同化した国家であり、そのために、日本は莫大な予算を投入しての原始国家同然の朝鮮を10年余りで先進国の仲間入りをさせるほどであった。が、朝鮮人は、それらの恩を忘れ、植民地支配だと妄言を吐く。歴史上欧米などの植民地経営にとって、植民地に教育やインフラを与え、地元民の生活を向上させた政策などは全くない。それをあえて、わが国による植民地支配だの強制連行だのの捏造を繰り返すのは、自分たちが長い間中国の属国として乞食同然の生活を強いられていたのを日本という国が自立させ(最も自立という概念さえもちえていなかった様ではあるが・・・) 、朝鮮人の状況を改善したことが、中国の属国として長い間にしみこんだ儒教という属国根性に対する反発と目を瞑りたい狂った精神構造なのである。

在日に見られる優越地位を守るための強制連行という捏造も、長い間の日本国行政府の腰引政策が居心地の良い状態を与えてきたことへの利権の確保なのであるが、まぁ、いつまでも日本人はおとなしくはないだろう事から、いずれは、日本からたたき出されることとなろう。

又、最大宗教団体に対しての国民の目は厳しく、一部では日本人にあらず、第4国人(?)である。という主張をするものもおり、いずれ、この宗教団体に所属していることがはずかしいことだというようになるかもしれない。

早くそうなることを希望している。


人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済
日本という国の将来は、イデオロギ-に染まったマッカッかな、売国的工作勢力によって、中国の属国と成り下がるのだろうか。

前経済産業大臣中川氏から、現在の経済産業大臣二階氏になったとたんに、東シナ海での地下資源の試掘は行わないという発表がなされたときに、何でこの人間を経済産業大臣に小泉総理が据えたのかがわかった気がする。

小泉純一郎と言う人物は、すでに、中共に屈服しているのだ。ただ、対国内向けに、中国強行派を気取り、政権支持率を高くしていたいだけで、実際には、売国的媚中派の二階という人間を据え、対中共に対して、わが国の資源と領土を売り渡していたのだ。

640兆円の価値のある東シナ海の海底資源の、一体いくらがわが国の売国奴たちの懐に入るのであろうか。

キチガイの自己中心的な覇権独裁国家、中華人民共和国という国の民族性に、正当性とともに、国際協調などあるのかどうかは歴史が証明しているではないか。

自分たちに気に入らなければ、又、ほしければ軍事力を使用しての強行策も当たり前の軍国主義国が、自分たちを有利にするための歴史認識を盾にしているが、これに応呼する国内の売国勢力たちや、腰砕けの政治バカ、マスゴミが日本をどんどんと悪い方向に向かって走らせているのだ。

外交は戦争である。

最初から腰砕けの外交は存在しない。言うことは言い、やることはやる、そのことによって、いきなりの戦闘行為には絶対になることは無いのだ。

外交でのぶつかり合いが、国際的な仲裁の発生を呼び、そのときに、言うことを言わない国家が支持されるわけが無い。

現に、極東3馬鹿国は、官民を挙げて、歴史の捏造を行い、国際社会には捏造した歴史を大声でガナリ立て、沈黙の日本より、声を大きくすることが正しいのであろうと言う国際世論ができつつある。

子孫類類に渡って、戦犯の汚名を着せようとする国内の反日主義者たちとともに、でたらめでも騒いで自分たちの国益を求める国家が手を組んだ現在、まず、国内の売国勢力のいっそうとともに、国軍たる自衛隊を日本国軍として認知し、誇りある地位を与えるべきであり、警察官僚が軍を統制しようと言う、こすからいやり方はすぐにでもやめるべきである。

対外的な敵に対応するのが国軍であり、国内の敵に対応するのが警察と、公安であり、全体の統制を行うべきなのが内務省なのだ。

内務省の新設を願う。


人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います



テーマ:領土・領海・・経済水域 - ジャンル:政治・経済
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。