日本を見つめる

日本人としての誇りを失った国家・捏造で介入する特亜。 国益より私益の『売国奴』たち。                

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下の文は、『ぼやきくっきり』 様のエントリ-からのものです。
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri/index.php?eid=335


>政府の「皇室典範に関する有識者会議」のメンバーである岩男寿美子・武蔵工大教授が、自身が編集長を務める海外向けの英文雑誌「ジャパンエコー」二月号に寄せた論文で、女系天皇に異論を唱えた寛仁親王殿下を「時代錯誤の考えには、驚くしかない」と強く批判していたことが十日、分かった。岩男氏はまた、寛仁さまが側室制度導入は「難しい」としているにもかかわらず、「側室制度を提案してきた」と事実と異なることも記述している。

 「ジャパンエコー」は海外向けに、英文で日本の論壇の論調などを紹介する隔月刊誌で、編集会議には外務省職員も参加。在外公館を通じ、欧米など各国の大学や研究機関に配布している。

 岩男論文は「日本の皇位継承者」と題し、「二〇〇五年十一月は、日本の皇室にとって二つの大きな進展のあった月だった」と書き出し、有識者会議の報告が提出されたことを自賛。メンバー構成や報告書の内容、反響などを紹介している。

 この中で、寛仁さまについて「天皇のいとこで、女性が皇位を継承できるようにすることについて疑問の声を上げ、旧宮家や皇室の側室制度の復活を提案してきた」と指摘。さらに「彼の時代錯誤(anachronism)には驚くしかない」と批判している。しかし、寛仁さまは昨年、福祉団体の会報に寄せたエッセーで、側室制度に触れてはいるが、「国内外共に今の世相からは少々難しいかと思います」と記され、「提案」したわけではない。

 また、岩男氏は、短期間で結論を出した有識者会議の議論に「拙速だ」との指摘があることにも「奇妙な反対論だ」と反論している。その理由として「この問題は実は有識者会議の設置に先立つ七、八年前から内閣官房内のグループによって研究されていた」と明記した。有識者会議が事実上、先行する政府の非公式研究を下敷きにした「結論ありき」の存在だったことを認めた形だ。

                  ◇

 【海外向け英字誌に寄稿】

 二〇〇五年十一月は、日本の皇室にとって二つの大きな進展があった月だ。まず、プリンセス清子の結婚があり、もう一つは「皇室典範に関する有識者会議」の報告書が提出されたことだ。

 提示された改正点は、継承者を男系男子に限定した現行制度の維持を主張する陣営から強い抵抗を受けている。だが、この男系継承を可能にしたのは、以前の制度で天皇に側室が置けたからだ。これは今日、賛同を得られるものではない。

 奇妙な反論がある。それは、こんな重要な問題で、一年以内に結論を得るというのは拙速すぎるというものだ。しかし、この問題は実は、われわれの有識者会議の設置に先立つ七、八年前に、内閣官房内のグループによって研究されていた。

 もう一つの反対論は、われわれが皇族の意見を聞かなかったというものだ。しかし、天皇も皇太子も立場上、この問題に関しては意見を表明しないと示している。天皇のいとこであるプリンス寛仁は、女性が皇位を継承できるようにすることに疑問の声を上げ、旧宮家や皇室の側室制度の復活を提案してきた。彼の時代錯誤の考えには、驚くしかない。(要旨、原文は英文)<


いやはや、この武蔵野工業大学の御仁は自分の存在をすげ-選民と想った挙句に、皇室の人間を小バカにしていますなぁ~

戦前であれば『不敬罪』で投獄されているようなことを平気で、しかも、てめぇが編集長をする外国人向け雑誌で外国にご注進するのだからあきれ返ると言うか、こんなのを教授に据えているこの大学の程度がよくわかります。
(昔なら吉川座長や奥田ともども、トウに暗殺されていることでしょうねぇ・・・)
まぁ、こんなのを有識者に据えた『小泉純一郎』と言う人物も、天皇家の歴史などほとんど知らないで、自分のパフォ-マンスのために皇室を利用するやからですので然もありでしょう。

雅子妃が病気になったのが男子を産めなかったことへの宮内庁や皇族etc、早く言えば、てめぇが皇太子妃になりたかった連中が、親子2代に渡って民間出身者にその座を取られたことへの嫉妬が宮内庁のバカ売国奴とそろってバッシングとも言われていることへの国民の同情心をうまく使って、愛子さまを天皇へ据えることを可能にして、雅子妃の負担軽減をした。と言うようにして、自分の支持率を固めようとしたパフォ-マンスでしかないと想うが、どうなのだろうか。

しかし、そのあまい考えが国民や皇室からの反逆を食らったのが、紀子様のご懐妊・・・・
4点セットで苦境に落ちたとたんに、こんどはメ-ル問題で苦境脱出とは、翌々運の良い御仁だが、早めに、この教授も切っておかないと、こんな口軽女を放置していれば再度の苦境となるかもしれない・・・・


人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います

スポンサーサイト
テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済
秋篠宮妃紀子様のご懐妊の報に対して、当初は皇室典範改正を今国会に提出して成立させると言うことを言明していた小泉純一郎総理は、国内の世論が改正を慎重にするようにと言う方向に流れ出したことを受けて、改定の法案提出を見直すような発言をしだした。さすがポピュリズムの局地の宰相である。
自分の支持率が高いのは、国民をうまく誘導していることによるのだが、今回は、国民が改訂を清朝に使用という国民の風向きが変わった。
それに気が付いたのか、早速、方向転換をしたようだ。

まぁ、この宰相は、女帝と、女系の区別すら出来ないようなので、あまり頭は良くないのだろう。


人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
テーマ:皇室典範について - ジャンル:政治・経済
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。