日本を見つめる

日本人としての誇りを失った国家・捏造で介入する特亜。 国益より私益の『売国奴』たち。                

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『在日』といっても一概に同一視しないでくれ。という言葉をよく聴くのですが、私が過去に知り合った『在日朝鮮人』と言う人種に、私は違和感しか感じたことはありません。

1.自分中心の思考でしか考えず、人は関係ない。
2.日本は過去に朝鮮を植民地にしたから、俺らは日本人に対して、なにや ってもいいのだ。
3.民族性をなくせという帰化の意見はおかしい。
4.我々は日本に強制連行されたのだから、日本に住む権利がある。
 
などで、数年前には、一時停止無視の在日朝鮮人の車にぶつけられましたが、彼は、一時停止線が悪いだの、コ-ナ-ミラ-に死角がある。挙句に、優先の一方通行路を走ってきたこちらが道路中心線によっていたからぶつかった。だから、相手(こちら)が悪い。という主張を繰り返し、保険会社にも連絡はしないわ、挙句にこちらに修理しろ・・・という意味のことまで持ち出すのですから・・・・
こんな連中の所業が、全体のイメ-ジを悪くしているのも確かです。
なお、こんな『在日』が、都内で設計事務所を経営しているのですが、建てた後に問題が生じたら、結構施主の建築場所が悪い。といって保証などしようともしないのでしょうね。
私は、その後数件の娯楽施設の建築に携わりましたが、70パ-セント以上が、施主は『在日』で、あまり商道徳は守らないなぁ。という感じを受けました。
結局、彼らは、日本に甘えているのです。
戦前の『強制連行』という、捏造で作られた歴史の言葉を利用し、不法入国や戦後の、土地問題などの辺を大々的に表ざたにされるのが怖いのです。
韓国併合も、当時の『李氏朝鮮』が、清やロシアに事大し、国民を省みることも無く、欧米のアジアに対する『植民地支配』に対しても何の手も打つつもりも無い状態に対して、日本が、自国の安全保障により、朝鮮半島の『独立』を求め、又、日清戦争により、清国からの『朝鮮独立』をもぎ取ってきたのに、次は、ロシアに事大する始末。
そのために、わが国はロシアとの戦争まで行わなければならなかったことに、朝鮮人は考えたこともないだろう。こう書けば、日本が勝手に朝鮮の日本の権益のためにロシアや支那と戦っただけで、朝鮮が頼んだわけではない。という事を言うが、確かに、両戦争とも、朝鮮を巡った日本の国益優先ではあるが、反対に、朝鮮にも独立という、自国の自主自立を求めたのではないのか。
しかも、当時、朝鮮併合反対派のわが国の要人『伊藤博文』を暗殺(伯仲同道では暗殺とは言えず、テロ行為であるという) してしまい、挑戦併合葉の意見を党してしまった上で、1906年の朝鮮併合がある。
しかし、面白いのが、諸外国では、植民地は『併合』とは言わず『領地』というのだが、日本は、朝鮮を『領地』といっていない。あくまで『日本国朝鮮』である。ここに、朝鮮人の言う、日本に35年間『植民地支配』を受け、朝鮮人としてのアイデンティティを剥奪された。という主張には無理があるのである。
わが国の敗戦後時、朝鮮半島は、連合軍の爆撃らしい爆撃も受けず、朝鮮人の言う『抗日ゲリラ闘争』での被害らしい被害も受けていなかったが、それまでの『朝鮮人』は、日本が負けたと同時に、自分たちは植民地支配を受け、又、日本と戦っていたので『戦勝国』であると主張し、連合国に、『第三国人』という、一時的な呼び名を受けるにあたった。(何しろ、連合軍は、朝鮮半島に進駐したときに、朝鮮人の言う、戦勝国を認めず、又、独立も認めずに、3年間、『軍政』を引いたほどで、今、朝鮮人の言う歴史がうそと、捏造であることは、連合国の資料として残っているのである。
その後、北朝鮮が成立し、突如南下したことにより生じた『朝鮮戦争』において、連合国は、上海にあり、そして、自分たちが独立派である。として、主張していた『李承晩』を首班とした、南朝鮮をその直前に建国した。もっとも、当時政権を作り耐えることの出来るのは、とりあえず『李承晩』しかおらず、連合国としてねグ銃の選択であった。
『李承晩』の大韓民国政権は、やはり、連合国の危惧したと売り、つぎはぎだらけであり、自国民の信頼は全く負かった。
ここで『李承晩』のとった政権の正当化が、その後の日韓の歴史に汚点を残す『反日政策』であり、その後の韓国政府の政権維持策となってしまったことが、韓国の不幸であり、日本の反感に結びつくのである。



人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
スポンサーサイト
テーマ:いい加減にしろ三国人 - ジャンル:政治・経済
どうも、わが国内のマスゴミという報道組織は自分たちの存在を、勘違いしている。

彼らに共通しているのは、自分たちは報道機関に勤めていて、わが国の国民の考え方を左右することの出来る、エリ-ト、すなわち『選民』だと勘違いしているようだ。又、出入りしている警備関係も、さも、自分が偉いと勘違いしており、どうも、あの世界は人をバカにするようである。

そういっていながら、外国には非常に弱く、特に、中華人民共和国と韓国、北朝鮮に、朝鮮総連・民潭と来ては、『アジアの3馬鹿国』とその関係者だということを『国民』すらわかっているが、彼らの中では違うようだ。

何しろ、この国は、戦後、それまでの『日本国朝鮮県』という、日本の一地方であった、朝鮮半島に対しての変な負い目で、国内に居た『朝鮮人』に対して、一歩も二歩も引けた対応を行ったために、戦後、不法入国した朝鮮人が、戦前の『朝鮮併合』という、後進国を先進国に吸収し、わが国によってインフラを整備し、一気に先進国たる日本と同列の地域にしたが、当時、わが国に働き口を求めて入国した朝鮮人や、戦争末期の『日本国民』に対する『徴用』を、根拠も無い『強制連行』と声高に叫び、わが国への『不法残留の正当化』に使ったのである。

戦争終結時に、彼ら、朝鮮人が行った『違法行為』は全て闇に葬り去られ

たが、日本国民はそれを忘れてはいないし、彼ら『在日朝鮮人』の言う、半島からの強制連行であれば、なぜ、主要都市の、駅前などの一等地が『在日朝鮮人』の所有となっているのか。

又、パチンコや金融業などのわが国内での一定の企業に『在日朝鮮人』ばかりが存在しているのか。

わが国内で『在日朝鮮人』が『差別される』と騒いで徒党を組み抗議を繰

り返しているが、『差別』された民族が一定の経済的地位を得るには、東南アジアなどの『華僑』が行ったように、その時代の施政者とジッコンな関係を組むことが非常に多いが、わが国敗戦時に、当時のGHQの一部の担当者などとの関係においての、闇に葬られた事例があるのではないのか。

東京は、アメリカ軍の空襲により結構の書類が消失している。豊島区にあっては、戸籍謄本の原簿も消失したという話も聞いており、池袋や大塚周辺の駅前の一等地は、ほとんどが『在日』の所有となっており、この辺りに疑惑があるのではないのか。

実際に、結構昔、『戸籍を作った』という人物とあったことがある。本人の弁なので実際かどうかはわからないが、戦後、戸籍の復活を申し出て承認され、新しい『戸籍』を得たという話を聞けば、戦後の混乱期に何が起こったのかわかるし、戦後、日本人が『朝鮮人』を毛嫌いしている原因もこの辺りにあるのではないのか。

彼らは、絶対に自分の非を認めず、相手を追い詰めて、自分を被害者とし責任を逃れることは、私自身、最近経験している。

それ以降、私は『朝鮮人』という民族を絶対に信用することも出来ないし、顔を見るのも否である。



人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
テーマ:いい加減にしろ三国人 - ジャンル:政治・経済
竹島の問題で、先日合意した日韓の約束事を、早速、かの国、チャンコロは反故にしていやがる。

先のにらみ合いのときに、合意などを無理にしないほうが良かったと思うのは私だけだろうか。

非武装の調査船を自分間領土、了解に入れて、不法占拠しているチャンコロが危害を及ぼせば、紛争地域として、国際司法裁判所ら付託することが出来たであろうし、それがわかっているから、阿南事務総長に付帯の拒否宣言を送りつけたのであろう。

『脳無ヒョン』と言う、チャンコロ酋長様は色々楽しませてくれる御仁である。

しかし、彼の行ったな画で一番笑えたのが『静かな外交』と言ったくだりだ。

静かにしているのはわが国であり、かの国と、かの酋長様は、捏造した歴史観を知っていながら自分の政権維持のために使ってきた、歴代のチャンコロ政権がいつ静かな外交をやったのだろうか。

何かあれば騒ぎ、わが国からカネをもぎ取ることばかりに奔走してきたチャンコロ国家が、どこが静かなのだろう。

1952年、当時のチャンコロ酋長、李承晩によって勝手に引かれた李承晩ラインによって、どれだけの日本人漁民が死傷し、抑留され、どれだけの船舶などの資産が強奪されたのだろうか。

これが静かな外交であると言う『脳無ヒョン』と言うチャンコロ酋長の頭の中には,赤ミソでも詰まっているのだろう。

日米も、朝鮮を防衛遷都することをやめ、対馬から、竹島、北海道と台湾にいたる東シナ海の沖縄諸島を防衛遷都するべきではないのだろうか。

アメリカも、チャンコロを守って、無意味であると言う実感を持つべきだ。


人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
テーマ:領土・領海・・経済水域 - ジャンル:政治・経済
今月の初めに書いたきり、中々書くことのできない日が続いていた。

韓国で、なにやら騒いでいるようだが、国内でも、韓国に傾斜しているバカなマスゴミの中には、過去の歴史問題が原因であるというような論調を張っているが、これこそ、捏造の歴史観であろう。

竹島が、韓国に不法占拠されたのは、日本が敗戦によって痛手を請け、GHQによって占領下のときであった。

当時の反日初代韓国大統領『李承晩』によって、勝手に引かれた実効支配線「李ライン」によって、竹島は一方的に韓国の領土として不法占拠が行われ、その後、多くの日本人や船が被害を受けてきた。

韓国が、日本に対して一方的に武力を使用しての被害者は、死傷者44名、抑留漁民数千人という、被害を与えていながら、わが国の国際司法裁判所への提訴に対しての応訴を拒否し続け、自分たちの主張の根拠の薄さを露呈しているが、韓国政府の主張は全く捏造し、勧告領土として歴史的にも証明されていると言う妄言を続けている。

歴代の日本国政権がこの問題を腫れ物に触るようにしていたために、韓国の傲慢さは輪を掛けて大きくなり、自分たちは好き勝手なことをしていながら、日本が同じことをやると、侵略行為だとの主張をしている。
侵略は韓国であり、その後ろ盾たる宗主国中国であろう。

いい加減に、日本国は、極東3馬鹿国との袖を分かち、離れるべきであり、又、当然、技術移転や支援は一切を行うべきではない。

日本は、この極東3馬鹿国以外は親日的であり、反日国と別に仲良くする必要もなく、返って、政権の崩壊を手助けするべきではないのか。
彼らのいう、植民地支配が現在一体どういう結果をもたらしているのか。

欧米の植民地の現在の姿と、日本が植民地支配したといわれている国の経済状況がどうなのかだ。

場韓国にしても、極東の3馬鹿国は消えてくれるのが世界平和を築く原因でもあろう。



人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
テーマ:いい加減にしろ三国人 - ジャンル:政治・経済
在日韓国3世、新井智真さんの『コリアン・ザ・サ-ド』と言うプログがある。(http://koreanthe3rd.jp/)
この人は当初は『ラ-』と言うハンドルを使用してプログを公開していたのだが、このプログは非情に面白いと言うか、わが国の在日諸氏が彼と同じような、冷静に自分たちのおかれている立場を考えるような行動を持って居たら、ここまで自分たちの立場が悪くなることは無かったと想う。

日本による朝鮮併合を『植民地支配』と言ってはばからず、大東亜戦争が日本の敗戦となった以上、本来であれば朝鮮半島も日本として敗戦国となっていたのを、自分たちが戦前は日本人として行動し、日本の敗戦でその立場が敗戦国となるのを避けるために『戦勝国民』を標榜した挙句の乱暴狼藉は、戦後の日本人の心の中に刻み込まれている。

彼らの植民地支配という言葉の中には、日本という国と一体であったと言う歴史が本当であるとなると、併合されると言うことの意味までを尽き進めなければならなくなるのだ。
併合ではなく、植民地と言う言葉を使えば、戦後の朝鮮人の乱暴狼藉やわが国内での特権の確保が容易になると言うことともに、敗戦国民と言うことも避けることが出来ると言う、朝鮮人特有の『事大』行動があったのである。

色々な記録や欧米の人間による併合前後の朝鮮の姿は、写真や文献でもおおく残っているのだが、どうも彼らはそれを認めるということは、自分たちの存在する意味の基本に掛かってしまうために認めることが出来ず、過去の歴史を捏造し、併合後の日本の文化を自分たちが起源の文化というように主張するしかないのである。が、ネット社会の発達で日本国内での朝鮮民族の捏造の歴史はだんだんと判明している。が、彼らは、それを認めることはせずに、捏造の歴史を国際社会に広めることに狂騒している。

このあたりは、日本政府も対外的な宣伝戦と言うか、情報戦を活発化しなくては、うその歴史も数多く主張すれば本当と想われると言うことが、戦後の極東3馬鹿国のやってきたことで立証されているのだが、何しろ、わが国の政治屋や官僚、マスゴミと言うバカどもには、そのあたりを理解しようとする頭が無いようだ。

戦後の中共による、中国戦線での被害者が主張するたびに巨大化して、国内にそれを主張するプロパガンダ施設を作られても日本国政府は正式な抗議すら行わない。
これこそ、国際社会での良識の欠落として、技術移転の停止とともに、ODAの即時停止、円借款の即時返還を主張すればよいのではないのだろうか。

大陸には、口で言ってもわからない。

行動を示すことが最良の方法であると言うことを少しは学習すればよいのだ。


人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います

テーマ:いい加減にしろ三国人 - ジャンル:政治・経済
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。