日本を見つめる

日本人としての誇りを失った国家・捏造で介入する特亜。 国益より私益の『売国奴』たち。                

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカ軍再編においての日本側の資金負担が、約3兆円に上ると言う推測をアメリカ側の高官が発言した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060426-00000038-mai-pol

しかし、日本国政府は、なぜ、外国軍隊であるアメリカ軍に対して、又、アメリカ軍の海外基地であるグアムへの移転に絡む費用をここまで負担しなくてはならないのだろうか。

アメリカ側は、日本が望んだ移転だというが、毎年、6000億近くの金が『思いやり予算』として使われ、これ以外に、基地の敷地の提供まで行っているが、これに対するアメリカ側の感謝は無い。

実際に、わが国に存在するアメリカ軍基地は、その多くがアメリカの国際戦略において絶対に必要なものであり、日本を守ると言う言葉は、あくまで片隅にある任務である。

中央アジアや他の国々はかえって、アメリカに基地の使用料を請求し、アメリカは支払っているのだ。

本来、わが国のアメリカ軍基地がアメリカの戦略に沿ったものであり、その見返りのわが国の防衛を強く要求するべきであり、それによって日米の絆は深まるのではないのだろうか。

韓国駐留のアメリカ軍人が韓国人から受ける、身体的、精神的被害は結構な件数に上ると言われている。

韓国では、反米が当たり前の風潮があり、アメリカ軍人の中でも韓国駐留は罰則であると言う考えすらあると言われて居る。

反対に、日本中流はアメリカ軍人の中でも歓迎されていると言うことでもあり、わが国がアメリカ軍に対する対応は、60年前に、血を血で洗ら疎い割れるほどの激戦を繰り返した敵同士であったという感覚が無い。が、アメリカの高官などの中には、日本への人種差別意識があるのであろう、わが国を属国視し、今回のように、何でも日本に要求すれば飲むであろうと言う意識を持っているのであろう。

台湾がなぜ、中国に侵略されないかと言うと、日本にある、特に、沖縄のアメリカ軍戦力の存在が非常に大きい。

これを見ても、日本国内のアメリカ軍基地がどのような性格を持つのかと言うことを日本人そのものがもっと知るべきなのである。

アメリカは、日本の基地が使用できなくなれば、韓国の重県内の維持すらママならず、台湾は早くに中国に併合されるであろうし、フィリッピンは、そのアメリカの元植民地であったことのトラウマから抜け出せず、反米気質は変わるまい。

又、東南アジアにおいては、華人による政治と経済の独占が、
アメリカの同盟国としての意識が薄いと思われ、又、反白人主義は東南アジアが、長く欧米の植民地であったことへのトラウマがある。

これらを見てみると、日本がアメリカのポチだと言われながら、アメリカにとっては心強い同盟国であり、在る程度の軍事負担も行っていることから、今回のアメリカの軸全的な考えは、反米気質を日本人に生ませる元となろう。



人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
スポンサーサイト
テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済
第2次世界大戦以降、アメリカは世界の警察官としての行動をとり続けた。

戦後の50年間は、東西の冷戦の最前線を走り、世界中で、東側との対決を続けていた。

アメリカというか、アングロサクソンと言う狩猟民族の行動原理というものは、勝つためならば手段はある程度制限はしないと言う姿勢なのだろう。

前大戦での、無差別爆撃とともに、原子爆弾の使用や敗者に対しての過酷な行為にそれは表れている。

何しろ、大陸国家と言うものは、ひとつ甘い顔を見せれば次の日には侵略を受けてしまうと言う現実と、戦うことを生きる糧とした、狩猟民族の遺伝的な攻撃行動なのかもしれない。

そして、利用できる仲間であれば、利用するが、それは、あくまで相手が自分たちより下に存在する場合である。

又、利用するときには利用しても、戦略的な価値がなくなれば邯鄲に切り捨てると言うやり方は、島国の日本人には理解は出来まい。

アフガニスタンでのムヒャディンやイラン、イラク戦争でのイラクフセインに対する行為。又、パナマのオルティガにしても、簡単に利用価値が無くなったり、少しでも逆らえば簡単に切り捨てられるのである。
ここに、世界戦略と言う、甘い考えでは生きられない政治の現実が存在しているのだ。

確かに、アメリカと言う国の行動力や、見方であると判断した後の彼らの対応には、驚くと言うか、同じ国なのだろうかと言う考えが浮かんでしまう。

大東亜戦争において、アメりんなどの連合国は、日本の残虐性を追及したか、現実は、連合国の国際法違反のほうがはるかに多いのである。

民間人に対しての銃撃や、捕虜に対する残虐行為、又、非戦闘員を平気で巻き込む戦闘方法には、人間性というか、キリスト教による十字軍の意識が存在していたのかもしれない。

又、アメリカは二大政党制であり、タカ派といわれる共和党は、どちらかと言うと開戦までは話し合いを優先させるが、ハト派といわれる民主党は、情報操作や謀略を重ね、勝つためならば相手をはめることもいとわない。

日米開戦の時の政権は民主党であり、謀略の限りを行った。そして、日本が真珠湾を攻撃することを知っていながら、反戦の世論を開戦に向かわせたとも言われている。

これには、イギリスのチャ-チルが絡んでおり、自国の安泰のためならば、他国の民が犠牲になってのかまわないと言うアングロサクソン特有の考えがあるのだろう。

アメリカ民主党は、中国共産党に非常に近く、次の政権が民主党となれば、日米とともに、日中の間での立場がすっかりと変わってしまうであろう。

日本が戦争に巻き込まれたり、機器になるときのアメリカの政権は民主党であるということを自覚してゆかねばならない。


人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います

テーマ:日本の将来を予言 - ジャンル:政治・経済
下記の記事を読んでいただきたい。

■8.子らに幸あれ■

 昭和24年5月18日から6月10日にかけては、九州全県
を巡幸された。5月22日に立ち寄られた佐賀県基山町の因通
寺には、40余名の戦災孤児のための洗心寮があった。孤児た
ちの中に、位牌を二つ胸に抱きしめていた女の子がいた。

 昭和天皇は、その女の子に近づかれて、「お父さん、お母さ
ん?」と尋ねられた。「はい、これは父と母の位牌です」とは
っきり返事をする女の子に、さらに「どこで?」。

 「はい。父はソ満国境で名誉の戦死を遂げました。母は引き
上げの途中病のためになくなりました。」

 天皇は悲しそうな顔で「お寂しい」と言われると、女の子は
首を横に振って、「いいえ、寂しいことはありません。私は仏
の子です。仏の子供は亡くなったお父さんとも、亡くなったお
母さんともお浄土にいったら、きっともう一度会うことができ
るのです。・・・」

 昭和天皇は、すっと右の手を伸ばされ、女の子の頭を2度、
3度と撫でながら、「仏の子供はお幸せね。これからも立派に
育っておくれよ」と言われた。数滴の涙が畳の上に落ちた。
「お父さん」、女の子は小さな声で昭和天皇を呼んだ。[5]

みほとけの教へまもりてすくすくと生い育つべき子らに幸
あれ

(http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog136.html
国際派日本人養成講座より引用)



戦後、戦前の日本の戦争責任を追及しようとする、コミンテルン活動の一環である、サヨク思想と、日教組と言う、赤く染まった異常な教師集団による日本民族消滅工作によった、日本消滅の危機にあるといってもおかしくないでしょう。

戦争責任を全て日本のせいだ、と言う外国の敵対工作に載せられた、自称、知識人という左翼は恒久ハシカ症の連中やマスゴミと称する、低脳な思考停止状態での選民意識を持ったゴミたちが、日本という国家を破滅に追いやっていると言う自覚すらなく、反日敵性国家による政権維持のための反日政策に主ね、日本の国益を犯している。

戦後、対日占領政策最高司令官であった、ダグラスマッカ-サ-は,わが国の戦前の政策は,自国防衛のための正しい政策であり,侵略戦争ではなかったとアメリカ議会で証言している。

また、ル-ズベルトなどのアメリカ民主党による、反日政策の基本は、人種差別政策の延長であり、ドイツとの戦争を求めていたイギリス、チャ-チルの策謀に乗っかったことで、対ドイツ戦争のために、三国同盟を結んでいた日本との戦争を求めていたことでの、対日最後通牒、俗に言う、ハルノ-トでもあった。

このことは、アメリカ議会でも、議会に対して、ハルノ-トの存在を隠しての対日政策の進め方とともに、ル-ズベルトの政策への批判は多くあるようだ。

又、今日でもそうなのだが、アメリカ民主と言うものは、アメリカでのリベラル派に分けるが、どちらかと言うと、共産主義に近い思想を持ち、戦前、戦後の中国への肩入れの仕方などを見るとよくわかる。

アメリカのリベラル派は、1800年代の中国農村を描いた、パ-ルバックの大地と言う夢物語の世界の小説を、中国と言う、欺瞞の国とを同じに見ている面があり、又、ロシアのカラマゾフなどの世界を、現実と理想との区別がうまく付けられないようであるのだが、経済においては、対外的な感覚は少しずれているのかもしれない。

ユダヤ民族のアメリカ経済支配は誰もが知ることであるが、ほんの70数年前、アメリカ民主党は、ナチスから迫害を受けていたユダヤ人に対して何をやってきたのか直視しているのだろうか。

ナチスの迫害から逃れた客船を大陸に追い返し、乗っていたユダヤ人の多くがガス室送りとなったことや、移民政策に対してユダヤ民族を拒否していた国家であったと言うこと。

これらは、ル-ズベルトがやった、対日最後通牒までの日本への挑発となんら変わらず、結局は、人種差別という、アメリカ民主党の政策の犠牲ではないか。

それらを頬かむりした政策がいまだに世界の不安定化を招いていることを自覚するべきである。



人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。