日本を見つめる

日本人としての誇りを失った国家・捏造で介入する特亜。 国益より私益の『売国奴』たち。                

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://www.sankei.co.jp/news/050908/kok102.htm

http://www.sankei.co.jp/news/050909/sha068.htm

最近の中国の傲慢さを陰で支えているのが、昔は敵対していたはずの『ロシア』なのだから笑ってしまう。

ダマンスキ-島の帰属を中国に譲歩し、当時のソビエト崩壊に対しての支援と引き換えにした。それにより、中共も、ロシアへ急接近しているが、はっきり言うと、世界の嫌われ者同士の傷のなめあいでしかない。

ロシアも、自国の強権政策に対しての国際世論の批判への反発とともに、東欧諸国のロシア離れに、CISの分裂と、ロシアの柔らかいわき腹への西欧民主主義の浸透は、ロシアそのものの政権維持には危険な状況との感覚に、同じく、東トリメキスタンや新疆ウィグル・内モンゴルなどの被征服地の独立要求に対応したい、中共に取って、ロシアは同じ穴の狢として、居心地のよい国であり、又、ロシアとしては、一度は戦火を交わしたが、同じく一党独裁の国家だったことへの郷愁的同属感が、再度の接近を作り出したのであろうし、中共として、欧米や、台湾、日本に対抗するための武器の供給先として魅力のある国家でもあり。又、ロシアにとっては、自国兵器が、第1次湾岸戦争やイラク戦争で、アメリカなどの西側諸国軍に手もなくひねられたために商品価値を落としたのが痛かったのだろう。最近のロシアは最新式の兵器を供給しているようだ(もっとも、イラクへはモンキ-モデルだったようで、最近の中共に引き渡されているものも、2ランクほど落としているという)が、西側が本気になったときには手も無くひねられることとなるであろう。

ロシア製の最新鋭のミサイル巡洋艦といっても、ロシアで最新の設計そのものが、20年以上も前であり、確かに、当たれば空母でも沈むだろうが、あくまで、当たれば・・・である。

ただ、ある程度の技術を持っているために、ロシア製の兵器そのものは危機的な警戒を持たなければならないが、中国製に対しては、ロシア製から、二歩も三歩も割り引いた技術であり、危惧するのは、EUやイスラエルが、単独で技術を移転している中には、アメリカが開発した最新鋭の技術があること。また、EUのように、自国に遠いためになんら気にもせずに移転する武器技術がいずれはコピ-され、自分たちに帰ってくる懸念を考えていないことである。

フランスなどは、過去にも、エグゾセなどの最新兵器を売却したり、サンプル輸出したが、結局コピ-され、サンプルなどの最低の数の売却しかなされなかったことを思い出す必要があるのではないのか。

ドイツは、戦前より、親中国であり、又、自国の戦争犯罪に対して、日本を同一視しようとする姿勢とともに、どちらかというと『反日国家』であることを考えなければならない。

第1次大戦で、ドイツに宣戦を布告した挙句、ドイツ領南洋州と、遼東半島を占拠し、割譲させたことへの恨みは今でも持っているであろうし、日本海軍を地中海に派遣しての対ドイツ政策への反発はあると思う。それが,戦前の親中国軍事援助と軍事顧問団の派遣であり、南京事件での反日本情報へつながっているのである。

もともと、EUなどは、前大戦で、アジアの植民地をわが国によって解放され、独立を誘われた。という、西欧植民地思考の怨念もあるであろう。

そのところを、外務省も政府の能天気に構えているから、常任理事国問題での反対の基本分析を誤るのである。



人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
スポンサーサイト
テーマ:外交 - ジャンル:政治・経済
あと、50年もすると、わが国の人口は1億2000万人~、8000万人に減少するという。

もっとも、その自分には私も土の中なので、減少人口の一部でもあるが・・・・100年後には5000万人を切るというが、丁度、明治維新の頃には、わが国の人口は、約3000万人であったという。そして、昭和20年には、約7000万人で、現在が1億2000万人というと、丁度、130年で4倍となり、100年で、3分の1になるということか。最も、増えるより、減りだすと、急激な減少となることは確かだろう。

国家を維持するためにはどうすればよいのか。少子化での税収減は、どう対応するべきなのか。又、年金対策はどうしなければならないのか。

今回の選挙でも、消費税を上げて、年金の財源とする。といっていた政党が多くあったが、少子化で経済が衰退すれば、消費そのものが減少するために、税収確保のためならば、消費税の税率は上がり続けなければならないはずなのだが、どうも、そのあたりをうまく隠しての消費税論議となっているようだ。

出産率が下がり続けてゆけば、当然に老人人口は増え続け、出産より、老人のほうが比率的には多くなる。そのときに、いかに老人を養ってゆくのだろうか。

政府の計算では、現在6人で維持している年金財源を、将来は働き手2人で一人の老人を養ってゆかねばならないという。又、年金不払いを強制聴取とともに、消費税の税率アップでまかなおうという考えもあるようだが、この基本的な計算に無理があるのだから、現在の試案は、全くナンセンスなのである。が、マスコミや評論家という人たちは政府案を受け入れているのだからお笑いものだ。

2人で1人を養う根拠は何なのだろうか。少子化で人口減とともに、増える老人人口は逆転する。それでどうやっても2人で養えるのだろうか。

おそらく、現在のやり方である限り、出生率は1.1くらいまで落ちるだろうし、それ以下かもしれない。そのときに、現在の計算とうりの人口が維持できないのは確かであり、それが間違っている限り、年金政策は破綻している。

消費税においても、少子化とともに、海外での製造などの国内企業の生産が増え続ければ、国内産業は壊滅し、国家財政はその時点で破綻するのである。国内の生活基盤の破壊は、購買力というものの破綻であるということだ。結局、消費税率をいくら上げても税収は減少し続け、最期には、年金や国家そのものの維持は不可能となる。

そのためにどうするか。

まず、製造業の国内回帰を行い、ロボット化に対する対応を取れるような姿勢を作らなければならないだろう。海外での製造は、大まかな最終組み立てなどに依存し、基本的部分で、ロボット化が測れる体制を作り上げてゆけば、ある程度の少子化とともに、経済力の維持は可能と思われる。その上で、少子化対策として、子供1人に対して、将来の年金支給額への上乗せ政策を行うべきなのであり、現在の各政党がとっている、養育費の支給などは対策にはなりえない。こてさきだけなのだから・・・・

基本年金に対して、1人の子供で、年間20万円の支給アップを行えば、3人で60万円で、現在の各党の考える、こどもの養育費補助の年間費用負担となんら変わらず、親としては、将来の年金の支給金額のアップによる安心感とともに、少子化が食い止められれば、全体の税収はアップするために、財源の確保は可能であろう。

官僚という連中は、自分たちの大枠を壊す思考は無いのだから、民間の意見をどんどんと取り上げてゆけばよいのだ。



人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
テーマ:少子化問題 - ジャンル:政治・経済
 白痴マスコミは、自分たちが正義と勘違いして、自分たちの狭い価値観を国民に押し付けようとしているが、実際には、社内の在日や学会員によって、自分たちが、ただの手足として使われていることに気がついているのだろうか。

 毎日、マスコミに出てくるのは『親中』『親朝鮮』であり、ともに、『反日国家』である。が、彼らには、自分たちが、ひとつの祖国というか、わが国の二千数百年の歴史をぶち壊し、くだらない自虐史観の謝罪国家を作り上げようとしている、先祖を愚弄している『人非人』の所業ということを自覚しているのだろうか。

 ほんの百数十年前、わが国の『開国期』に、わが国を訪れた欧米の人たちは、わが国とわが住民を見て『誇りと、規律正しい民族である』という、言葉と賞賛を与えた・・・・しかし、今、マスコミと、左翼主義教員組合などは、わが国にすべての罪があるという、コミュンテルン思想によって、健全な教育や情報を遮断し、くだらない、自己中心の若者を作り出し、国家に誇りを持たせない国民を作り出してきた。又、くだらないマスゴミは、低俗なる報道や娯楽番組を作り、流し、日本人の思考能力を後退させ、自国を下卑し、社会より、自分。という、自堕落な社会を作り出すことに狂走し、わが国は現在、未来というものに何を求めるのか。ということすら考えられない社会となってしまった。

 官僚は、自分たちの繁栄のために、税金を私物化し、自分たちの天下る先を作り、自分たちの定年後の生活を有利にすることしか考えず、一般国民の財物を自分たちのために使うことを最優先させている。

 本来は、ストッパ-たる、軍部がわが国には存在しない。軍隊の形をした、行進用、戦争ごっこの、軍隊ごっこ団体しかない。
本来は、警察と、軍による、うまいバランスの上に成り立つ治安が、軍の上に警察組織が存在するといういびつ構造が、軍による、バランサ-としての姿勢をとらせないのだ。

 戦前、確かに軍部の独走による戦争を経験している我国が、軍隊アレルギ-を持つのは当たり前かもしれないが、それ以上に、警察国家という、警察が一人歩きしている現状と、警察組織に張り巡らされた、我国最大宗教団体による、警察の私物化のほうが危険ではないのか。しかも、我国最大宗教団体の最高指導者は『反日国家』出身といわれている。
軍の独立と言う姿には、警察の警察官の一人行動は可能ではあるが、軍の軍人の一人歩きは不可能なのだと言うことが在る。一群人が全体を使っての字が行動は絶対に不可能なのだ。これを自己完結型組織としての軍隊の新の姿である。

 自衛隊を国防省として昇格させ、警察官僚による『内局独占』は、即時解消させ、国軍としての誇りとともに、官僚や政治屋・企業家に対してのストッパ-機能としなくてはならない。

癒着には、厳しい処断を持って、軍人としての誇りを最優先させるのだ・・・

又、現在、警務隊として存在する、憲兵を警務憲兵として復活させ、軍に関することや国家の安全保障に関することへの関与及び捜査、逮捕、取調べの権限を与え、スパイ等の国家の安全保障に関することには積極的に公安との連携で関与させ、安全保障には国軍が対応していると言うことを内外にも公開するべきなのである。

当然、スパイ罪は最高刑を『死刑』として、軍事裁判とも友も、安全保障裁判所の設置を行い、スパイ天国日本を変えてゆくべきなのだ。


人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済
日本人のメンタルティは、自己謝罪優先思考なのかもしれない。

前体戦においての原因はいろいろなものがあるが、真っ先に日本が悪かったという謝罪から始まるが、これを逆手にとって居るのが、極東3馬鹿国家であり、反日在日朝鮮人たちである。

戦争というものは政策の延長であり、これは国際的にも認められている政策でもある。が、大東亜戦争というわが国が唯一の負けた戦争において、全ての原因と責任がわが国にあると主張しているのも、やはり極東の3馬鹿国である。

又、わが国内において、日本という国家そのものを陥れることに狂騒している左翼系や最大宗教団体などを見れば、日本人という人種は、戦前で消え去り、戦後の日本人は全く違う民族となったのだろう。

大東亜戦争というアジアでも最大の戦争の一方の当事者が日本であるが、他方の当事者、中華民国とアメリカとはすでに和解し、その他の、終戦直前に参戦して、火事場泥棒のように略奪を重ねた国家は、一応戦勝国として免責されているが、これなど、アメリカは厳しく追及するべきだろう。

又、中華人民共和国のように、わが国の敗戦時には存在もしていない国家が戦勝国連合といわれる国際連合の安全保障会議、常任理事国という地位に居るが、中共は、加盟以前に、その国連においての国連決議によって朝鮮半島に派遣された、国連軍と戦闘を行った国家であり、本来であれば、当時のソビエト連邦及び中共は、国連に対しての『敵国』であり、大きな顔など出来ないのではないのか。

又、韓国という、戦後、アメリカの軍政下でやっと独立できたのが、朝鮮戦争直前であり、その朝鮮半島で、北朝鮮と、中共、ソビエトなどの共産主義国家によって国民の多くが犠牲を強いられたのだが,最近は、助けたアメリカなどの自由主義国家より、侵略し、国民を虐殺してきた共産主義国家に擦り寄るという『属国』状態を作り出している、サヨク政府『脳無ヒョン大統領』なのが面白い。

もともと、朝鮮は、1910年に日本に併合という形で日本と同化した国家であり、そのために、日本は莫大な予算を投入しての原始国家同然の朝鮮を10年余りで先進国の仲間入りをさせるほどであった。が、朝鮮人は、それらの恩を忘れ、植民地支配だと妄言を吐く。歴史上欧米などの植民地経営にとって、植民地に教育やインフラを与え、地元民の生活を向上させた政策などは全くない。それをあえて、わが国による植民地支配だの強制連行だのの捏造を繰り返すのは、自分たちが長い間中国の属国として乞食同然の生活を強いられていたのを日本という国が自立させ(最も自立という概念さえもちえていなかった様ではあるが・・・) 、朝鮮人の状況を改善したことが、中国の属国として長い間にしみこんだ儒教という属国根性に対する反発と目を瞑りたい狂った精神構造なのである。

在日に見られる優越地位を守るための強制連行という捏造も、長い間の日本国行政府の腰引政策が居心地の良い状態を与えてきたことへの利権の確保なのであるが、まぁ、いつまでも日本人はおとなしくはないだろう事から、いずれは、日本からたたき出されることとなろう。

又、最大宗教団体に対しての国民の目は厳しく、一部では日本人にあらず、第4国人(?)である。という主張をするものもおり、いずれ、この宗教団体に所属していることがはずかしいことだというようになるかもしれない。

早くそうなることを希望している。


人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済
『在日』といっても一概に同一視しないでくれ。という言葉をよく聴くのですが、私が過去に知り合った『在日朝鮮人』と言う人種に、私は違和感しか感じたことはありません。

1.自分中心の思考でしか考えず、人は関係ない。
2.日本は過去に朝鮮を植民地にしたから、俺らは日本人に対して、なにや ってもいいのだ。
3.民族性をなくせという帰化の意見はおかしい。
4.我々は日本に強制連行されたのだから、日本に住む権利がある。
 
などで、数年前には、一時停止無視の在日朝鮮人の車にぶつけられましたが、彼は、一時停止線が悪いだの、コ-ナ-ミラ-に死角がある。挙句に、優先の一方通行路を走ってきたこちらが道路中心線によっていたからぶつかった。だから、相手(こちら)が悪い。という主張を繰り返し、保険会社にも連絡はしないわ、挙句にこちらに修理しろ・・・という意味のことまで持ち出すのですから・・・・
こんな連中の所業が、全体のイメ-ジを悪くしているのも確かです。
なお、こんな『在日』が、都内で設計事務所を経営しているのですが、建てた後に問題が生じたら、結構施主の建築場所が悪い。といって保証などしようともしないのでしょうね。
私は、その後数件の娯楽施設の建築に携わりましたが、70パ-セント以上が、施主は『在日』で、あまり商道徳は守らないなぁ。という感じを受けました。
結局、彼らは、日本に甘えているのです。
戦前の『強制連行』という、捏造で作られた歴史の言葉を利用し、不法入国や戦後の、土地問題などの辺を大々的に表ざたにされるのが怖いのです。
韓国併合も、当時の『李氏朝鮮』が、清やロシアに事大し、国民を省みることも無く、欧米のアジアに対する『植民地支配』に対しても何の手も打つつもりも無い状態に対して、日本が、自国の安全保障により、朝鮮半島の『独立』を求め、又、日清戦争により、清国からの『朝鮮独立』をもぎ取ってきたのに、次は、ロシアに事大する始末。
そのために、わが国はロシアとの戦争まで行わなければならなかったことに、朝鮮人は考えたこともないだろう。こう書けば、日本が勝手に朝鮮の日本の権益のためにロシアや支那と戦っただけで、朝鮮が頼んだわけではない。という事を言うが、確かに、両戦争とも、朝鮮を巡った日本の国益優先ではあるが、反対に、朝鮮にも独立という、自国の自主自立を求めたのではないのか。
しかも、当時、朝鮮併合反対派のわが国の要人『伊藤博文』を暗殺(伯仲同道では暗殺とは言えず、テロ行為であるという) してしまい、挑戦併合葉の意見を党してしまった上で、1906年の朝鮮併合がある。
しかし、面白いのが、諸外国では、植民地は『併合』とは言わず『領地』というのだが、日本は、朝鮮を『領地』といっていない。あくまで『日本国朝鮮』である。ここに、朝鮮人の言う、日本に35年間『植民地支配』を受け、朝鮮人としてのアイデンティティを剥奪された。という主張には無理があるのである。
わが国の敗戦後時、朝鮮半島は、連合軍の爆撃らしい爆撃も受けず、朝鮮人の言う『抗日ゲリラ闘争』での被害らしい被害も受けていなかったが、それまでの『朝鮮人』は、日本が負けたと同時に、自分たちは植民地支配を受け、又、日本と戦っていたので『戦勝国』であると主張し、連合国に、『第三国人』という、一時的な呼び名を受けるにあたった。(何しろ、連合軍は、朝鮮半島に進駐したときに、朝鮮人の言う、戦勝国を認めず、又、独立も認めずに、3年間、『軍政』を引いたほどで、今、朝鮮人の言う歴史がうそと、捏造であることは、連合国の資料として残っているのである。
その後、北朝鮮が成立し、突如南下したことにより生じた『朝鮮戦争』において、連合国は、上海にあり、そして、自分たちが独立派である。として、主張していた『李承晩』を首班とした、南朝鮮をその直前に建国した。もっとも、当時政権を作り耐えることの出来るのは、とりあえず『李承晩』しかおらず、連合国としてねグ銃の選択であった。
『李承晩』の大韓民国政権は、やはり、連合国の危惧したと売り、つぎはぎだらけであり、自国民の信頼は全く負かった。
ここで『李承晩』のとった政権の正当化が、その後の日韓の歴史に汚点を残す『反日政策』であり、その後の韓国政府の政権維持策となってしまったことが、韓国の不幸であり、日本の反感に結びつくのである。



人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
テーマ:いい加減にしろ三国人 - ジャンル:政治・経済
どうも、わが国内のマスゴミという報道組織は自分たちの存在を、勘違いしている。

彼らに共通しているのは、自分たちは報道機関に勤めていて、わが国の国民の考え方を左右することの出来る、エリ-ト、すなわち『選民』だと勘違いしているようだ。又、出入りしている警備関係も、さも、自分が偉いと勘違いしており、どうも、あの世界は人をバカにするようである。

そういっていながら、外国には非常に弱く、特に、中華人民共和国と韓国、北朝鮮に、朝鮮総連・民潭と来ては、『アジアの3馬鹿国』とその関係者だということを『国民』すらわかっているが、彼らの中では違うようだ。

何しろ、この国は、戦後、それまでの『日本国朝鮮県』という、日本の一地方であった、朝鮮半島に対しての変な負い目で、国内に居た『朝鮮人』に対して、一歩も二歩も引けた対応を行ったために、戦後、不法入国した朝鮮人が、戦前の『朝鮮併合』という、後進国を先進国に吸収し、わが国によってインフラを整備し、一気に先進国たる日本と同列の地域にしたが、当時、わが国に働き口を求めて入国した朝鮮人や、戦争末期の『日本国民』に対する『徴用』を、根拠も無い『強制連行』と声高に叫び、わが国への『不法残留の正当化』に使ったのである。

戦争終結時に、彼ら、朝鮮人が行った『違法行為』は全て闇に葬り去られ

たが、日本国民はそれを忘れてはいないし、彼ら『在日朝鮮人』の言う、半島からの強制連行であれば、なぜ、主要都市の、駅前などの一等地が『在日朝鮮人』の所有となっているのか。

又、パチンコや金融業などのわが国内での一定の企業に『在日朝鮮人』ばかりが存在しているのか。

わが国内で『在日朝鮮人』が『差別される』と騒いで徒党を組み抗議を繰

り返しているが、『差別』された民族が一定の経済的地位を得るには、東南アジアなどの『華僑』が行ったように、その時代の施政者とジッコンな関係を組むことが非常に多いが、わが国敗戦時に、当時のGHQの一部の担当者などとの関係においての、闇に葬られた事例があるのではないのか。

東京は、アメリカ軍の空襲により結構の書類が消失している。豊島区にあっては、戸籍謄本の原簿も消失したという話も聞いており、池袋や大塚周辺の駅前の一等地は、ほとんどが『在日』の所有となっており、この辺りに疑惑があるのではないのか。

実際に、結構昔、『戸籍を作った』という人物とあったことがある。本人の弁なので実際かどうかはわからないが、戦後、戸籍の復活を申し出て承認され、新しい『戸籍』を得たという話を聞けば、戦後の混乱期に何が起こったのかわかるし、戦後、日本人が『朝鮮人』を毛嫌いしている原因もこの辺りにあるのではないのか。

彼らは、絶対に自分の非を認めず、相手を追い詰めて、自分を被害者とし責任を逃れることは、私自身、最近経験している。

それ以降、私は『朝鮮人』という民族を絶対に信用することも出来ないし、顔を見るのも否である。



人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
テーマ:いい加減にしろ三国人 - ジャンル:政治・経済
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。