日本を見つめる

日本人としての誇りを失った国家・捏造で介入する特亜。 国益より私益の『売国奴』たち。                

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
在日米軍の再編が話し合われて結構経つのだが、沖縄の米軍基地の統廃合と移転が全く進んでいない。

普天間の海兵隊基地の返還が決まった10年も経つのに、移転先が二転三転し、迷走を続けている。

普天間をキャンプシュワブ沖に移転すると言う話が全く進まず、その間に起こったヘリコプタ-事故での米軍の対応に対して抗議が大々的にされたが、本来であれば、投にキャンプシュワブへの移転が進んでいれば都市部への墜落事故は無かったと思う。

確かに、戦後の軍政と、沖縄戦の記憶が鮮明な沖縄県人のアメリカ軍に対する反米感情はわかるし、実際に国内に外国軍隊の基地が存在していることへのわだかまりは私も持っているが、では、沖縄県人としては、日米同盟を解消し、日本独自での防衛能力を持つほうをとると言うことなのだろうか。

外人部隊と称される、赤く染まった自称市民団体という、外国の工作組織が、日本国自衛隊の軍事力拡大には賛成すまいし、又、特亜は、自分たちの発言権の低下を呼ぶ日本国軍備増強には、配下の組織を動員して反対を叫ぶことと思う。

彼ら赤い市民運動化組織は、自分たちの染まった共産主義というイデオロギ-を最大のよりどころとし、日本が共産圏諸国の下で存在することを目的としている以上独自の軍事力拡大には絶対に賛成するとは思えない。

日本人としての存在を拒否して、外国の手先となる赤い市民運動化と宗教団体は日本国の国籍から離脱するべきであり、又、国民は、その危険性にいい加減に気が付くべきなのだ。

本来、教育の場に、反日思想を持ち込み教育を教え子に行うような赤い教師は存在してはならないのであり、又、日本の教育であれば、日本人として誇りを持てるような、歴史などの教育を行うのが当たり前なのであるが、どうも、日本という現在のこの国にはそんな基本的な考えを『右翼』として指摘する風潮が教育界から、マスゴミ界にかけて存在しているのだが、どうも見ていると、歴史を見つめろと叫んでいる割には、知能はあまりよくないようで、くだらない番組などを作る能力しかなく、教師にあっては、給料と言う税金で食っている割には、給料をもらっている国をけなすことが正しいと言う、頭、お花畑のいかれた日教組と言うマッカッカな教職員組合というガンが存在している。

それと、外国人の癖に、捏造の主張を垂れ流して日本に寄生する『在日』と言うがん細胞の存在も日本国の問題点であり、行動の規制と共に、資産形成や日本への渡航の記録の検査をすべて強制力で行い、圧力や妨害行為に対しては『破壊活動防止法』を適用して、機動隊、SATや、場合によっては、自衛隊の出動によって本来の正常な国家を形成するべきになのだ。


人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います

スポンサーサイト
テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済
コメント
強制連行されたと言っている朝鮮人の99.999%はウソ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
―――――――――――――‐┬┘
                        |
       ____.____    |
     |        |        |   |   ポイッ
     |        | ∧_∧ |   |
     |        |( ´∀`)つ ミ |
     |        |/ ⊃  ノ |   |    朝鮮人
2006/03/02(木) 15:25:25 | URL | worldwalker #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hidetako.blog45.fc2.com/tb.php/16-714ee081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
南京事件は中国の政治プロパガンダ・故意の虚報
たかじんのそこまで言って委員会------------------------------------------------------------「南京事件が本当にあったのかどうかという議論 」 是非ご覧ください↑ 読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」からの動画 36分間デイブ・スペクター死ね
2006/03/02(木) 15:21:46 | 陽光燦爛的日子 a diary of worldwalker
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。