日本を見つめる

日本人としての誇りを失った国家・捏造で介入する特亜。 国益より私益の『売国奴』たち。                

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャイナスク-ルの原罪としては、中国との国交正常化後、中国専門家として活動するうちに『媚中』と言うか『親中国』派として、必要な冷静なる分析と外交行為から中国に必要以上に擦り寄ることだと思う。

中国人という民族は、相手を自分の手中に取り込むのがうまく、そして、味方を裏切らせることに関しては、中国4000年もの歴史が証明している。

中国専門家として、中国政府関係者と交渉する間に、接待などを通じて、相手の手中に取り込まれ、いつの間にか、わが国の政府機関の構成員としての自覚より、『自分は、中国にこれだけ親しみを込めて扱われている、そして、自分の行為によって、日中間の外交は平穏に進んでいるのである・・・』と言う勘違いが、日本という国家の国益より、波風を立てないようにという、中国側の方針に沿った外交を行うと言う、傲慢な行動を取らせるのであろう。

日中間の経済においても、日本の知識人などの中には、中国への過度な進出や経済支援、技術移転は日本の経済に対して重大な危機を招くと言うことを1980年代中から警告していた人も居る。が、外務省のチャイナスク-ルは、それらの危惧を軽く見て、経済産業省などに、中国への日本企業の進出を進め、結局は、現在の日本の経済空洞化を招いてしまった。

わが国が、資本と、技術などを中国に移転させたことにより、1980年代中ごろより、中国の経済は急上昇をし、1990年代になると、わが国は、欧米基準の押し付けで、それまで一人がちであった日本型経営方式が行えなくなったことでバブル以降の長期不況を招いた。が、そのことが、中国への工場進出という安い人件費を求める原因と同じに見られてはならない。

そこには、中国によるわが国の『媚中派』への工作活動があり、それを前面で行ったのが外務省の『チャイナスク-ル』であり、経済界の『比中』企業である。
国益より、私益、社益という行為が、わが国が世界に誇る平和な経済大国としての戦後の活動を断ち切ったのだ。

この狭い日本列島にいま、1億2000万の人間が生きている。資源も無いこの列島でいかに経済を維持するのか、そのためには、技術立国としての日本であり、又、製造技術の確立なのだが、一部の企業家は、中小の発明した技術を己の有利な立場で横取りし、敵性国家に売り渡すと言う『売国行為』を堂々と行っている。

先日の『ヤマハ発動機』による、無人ヘリコプタ-の違法の輸出行為などは、日本という国家の安全保障より、あくまで会社の利益を優先させると言う、アメリカなどでは企業の存在にもかかわるような異常な行為なのだが、その後の報道はあまりされていない。

資本の提携関係にある、巨大な『売国企業』によるマスゴミへの圧力であり、又、裏のある政治家による官僚への恫喝が原因でもあるという話もあるとブログなどではささやかれているが、まぁ、納得できる話である。

これで、この企業は、経済産業省の天下りを数人受けて、追及は尻すぼみと言うことか・・・・・

わが国では、法律を作るときに、官僚がその素案を作り、それを政治家や政党などが了承して成立する。

当然、官僚は、その法案により自分たちが利権を受けるようには作るが、それによって発生した行為の責任は不問となるように作る。それが、過去、官僚による国民などへの犯罪的行為の責任の追及が行われない原因でもある。

結局は、政治家が田舎のクソ爺が名誉欲でなっているという結果であり、それが、日本という自分の生まれた国の国益より、自分だけの利益のために国益を堂々と売り渡し、それらの行為が、関係団体に渡り鳥のごとく天下り、なぜか、棒給では考えられないような老後生活を行っている『クズ売国官僚』に利用されているのだ。

東シナ海のガス田開発にしても、前経済産業大臣が進めていた試掘も、今度の、経済産業大臣が就任したとたんに試掘はしないという、完全に、中国に取り込まれた『売国奴政治家』を担当大臣に据えた、小泉純一郎と言う人物は、中国にオモネ出したと言うことであろう。

何しろ、今度の経済産業大臣は、中国の原罪の『反日意識』の原因を作った『愛国教育』と言う『反日本』を己の政権維持のために行った『江沢民』と言う人物の胸像を、地元和歌山に作る運動を堂々と行っている『売国奴』なのだからさもありであろう。

この人物に、中国派生産したガスの利益の何パ-セントを与えるつもりなのだろうか・・・・・


人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います

スポンサーサイト
テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hidetako.blog45.fc2.com/tb.php/22-53a17c7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
大いなるダブスタ
昨夜のTVタックル、改めて支那への怒りがわき上がりましたね。朕の会社に ゴロゴロ居やがる支那人の研修生を、仕事そっちのけで丸一日、完全に敵視 していられる程の怒りです。 孔子の末裔だか何だか知らないが、訳の判らない理屈をこねくり回し尊大な 妄言をまき散らすチ
2006/03/09(木) 21:43:01 | 閣下の憂鬱
朝日新聞「ネットに走る批判と中傷 ナショナリズムの管理を!」
mumur氏ブログからの拾いネタです。http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50408496.html2ちゃんねるでも晒し上げられてますwww(4スレ目)http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1141929742/坂尻顕吾と言う記者が書いたものですが、こんな記事を信用
2006/03/11(土) 12:05:25 | Absenteの酔いどれblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。