日本を見つめる

日本人としての誇りを失った国家・捏造で介入する特亜。 国益より私益の『売国奴』たち。                

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
在日韓国3世、新井智真さんの『コリアン・ザ・サ-ド』と言うプログがある。(http://koreanthe3rd.jp/)
この人は当初は『ラ-』と言うハンドルを使用してプログを公開していたのだが、このプログは非情に面白いと言うか、わが国の在日諸氏が彼と同じような、冷静に自分たちのおかれている立場を考えるような行動を持って居たら、ここまで自分たちの立場が悪くなることは無かったと想う。

日本による朝鮮併合を『植民地支配』と言ってはばからず、大東亜戦争が日本の敗戦となった以上、本来であれば朝鮮半島も日本として敗戦国となっていたのを、自分たちが戦前は日本人として行動し、日本の敗戦でその立場が敗戦国となるのを避けるために『戦勝国民』を標榜した挙句の乱暴狼藉は、戦後の日本人の心の中に刻み込まれている。

彼らの植民地支配という言葉の中には、日本という国と一体であったと言う歴史が本当であるとなると、併合されると言うことの意味までを尽き進めなければならなくなるのだ。
併合ではなく、植民地と言う言葉を使えば、戦後の朝鮮人の乱暴狼藉やわが国内での特権の確保が容易になると言うことともに、敗戦国民と言うことも避けることが出来ると言う、朝鮮人特有の『事大』行動があったのである。

色々な記録や欧米の人間による併合前後の朝鮮の姿は、写真や文献でもおおく残っているのだが、どうも彼らはそれを認めるということは、自分たちの存在する意味の基本に掛かってしまうために認めることが出来ず、過去の歴史を捏造し、併合後の日本の文化を自分たちが起源の文化というように主張するしかないのである。が、ネット社会の発達で日本国内での朝鮮民族の捏造の歴史はだんだんと判明している。が、彼らは、それを認めることはせずに、捏造の歴史を国際社会に広めることに狂騒している。

このあたりは、日本政府も対外的な宣伝戦と言うか、情報戦を活発化しなくては、うその歴史も数多く主張すれば本当と想われると言うことが、戦後の極東3馬鹿国のやってきたことで立証されているのだが、何しろ、わが国の政治屋や官僚、マスゴミと言うバカどもには、そのあたりを理解しようとする頭が無いようだ。

戦後の中共による、中国戦線での被害者が主張するたびに巨大化して、国内にそれを主張するプロパガンダ施設を作られても日本国政府は正式な抗議すら行わない。
これこそ、国際社会での良識の欠落として、技術移転の停止とともに、ODAの即時停止、円借款の即時返還を主張すればよいのではないのだろうか。

大陸には、口で言ってもわからない。

行動を示すことが最良の方法であると言うことを少しは学習すればよいのだ。


人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います

スポンサーサイト
テーマ:いい加減にしろ三国人 - ジャンル:政治・経済
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hidetako.blog45.fc2.com/tb.php/32-48b8ad03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。