日本を見つめる

日本人としての誇りを失った国家・捏造で介入する特亜。 国益より私益の『売国奴』たち。                

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
定番のmumur氏ブログにまたまた面白い記事があった。

(http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50416564.html)

反日の君運動から、卒業式での日の丸君が代反対と言う構図を作り出し、関係している反日日教組教師の処分までをつづった、例の『朝日新聞社』社説に対して、mumur氏が朝日新聞に電話突撃したことを書いたものだが、いやはや、この御仁の行動力には頭が下がる。しかも、いろいろな情報を整理しての突撃であるからアサピ-はしどろもどろで論破されてしまうのであるが、実施に、なぜ、日本の新聞が反日本をやっているのだろうか。

彼らの大好きなあの国でこんなことをやっていれば、即、担当者や責任者は連行され、2度と帰っては来ないであろう。それがわかって居て日本に住まわせてもらっていながら反日を行っているマスゴミの連中の民度と言う知性の低さにはあきれ返るしかない。

一度、わが国でも言論界と言う世界にふんぞり返っている老害親父や反日主筆と、反日の知識人という連中を拘置所に押し込んで、主義主張などの厳密な調査を行うべきなのだ。

又、国内に生息している反日朝鮮人、中国人どもはその日本への居住発生時より現在までを厳しく調査し、又、資産形成の方法などをしらべて、すべての指紋とDNAの採取を特別法を作って行うべきであり、なぜ、敵性国家の人間が、日本という嫌いな国に生息しているのかを調べ、強制送還を行うべきではないのか。

わが国での在日の経営している反社会的企業は非情に多く、日本人を堕落させている。これを放置すると言うことは、日本という国家を朝鮮人や中国人に明け渡すことと同じなのだ。
国家として、敵性国家の人間を居住させいることへの反省とともに、敵性人種の寄生は拒否するべきなのだ。

日本に居住しながら、国旗、国歌に対して敬意を表わせない人間を居住させることは、国家として犯罪行為ということを肝に銘じる必要がある。



人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います

スポンサーサイト
テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済
コメント
日の丸・君が代
3月2日に、「日本人とは」にTB頂きまして有難うございました。
あれから、何度もTBさせて頂きましたが、表示されないようです。
どちらで止まっているのかよく分からないのですが、私のブログはfc2やライブドアでは表示されないようです。またEXCITEでは、ブログ名が表示されません。何か都合が悪いのでしょうか。
「◇本来◇」に「日の丸・君が代」を書かせて頂いております。
お読み頂ければ有り難く存じます。誠に有難うございました。
2006/03/22(水) 14:36:00 | URL | honrai #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hidetako.blog45.fc2.com/tb.php/36-2359aadf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。