日本を見つめる

日本人としての誇りを失った国家・捏造で介入する特亜。 国益より私益の『売国奴』たち。                

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
売国奴親中派自己認定の、二階経済産業大臣・・・・

昨日の報道2001でその姿と考えをはっきりと示してくれたようだ。
対中国屈服派政治家として、橋本元総理や野田氏などお仲間たちが中国にひざを屈する訪中を行った挙句に、中国側要人との会談が出来たとして、自己満足の境地になってしまっているようだ。

しかも、中国側では日本国内の分断工作の一環である要人との会談なのだが、それには気が付かずに、自分の人脈の結果であるとして自画自賛していたようだが、バカそのものですね。

中国にとって、自国の国益を害する人間を誰が正当に評価してくれるものですか、してくれるのは、自国を売る裏切り者だと言う軽蔑とともに
少しでも時刻の有利な状況を作り出させるために、歓迎歓迎のパフォ-マンスなのにそれすら気が付かず、舞い上がって、東シナ海の問題は継続的に話し合おうと言う、日本に、国家を売り渡す行為であり、こんなのを放置している公安当局は、調査して、はめてやればよいのだ。

資源小国の日本にとって、排他的経済水域という準領土を外国に好き勝手に掘らせている政府の姿勢や自民党と言う正当は、売国正当ではないのか・・・・

このまま行けば、アメリカの次の政権は民主党政権となろう。そのときには、親中のアメリカ民主党は、中国と話し合い、日本の排他的経済水域を認めなくなるかもしれない。

その可能性がある以上、親日のアメリカ共和党政権のバックアップを行い、専管水域の主権を認めさせるべきではないのだろうか。

軍事力に足かせをされている日本という国家が対外的な交渉には、安保関係とともに、以下にアメリカを日本に引き寄せるかであり、内部矛盾でいつ崩壊する川から無い中国に深入りしてはならないのではないのか・・・

しかし、日本には、売国奴がおおすぎる・・・


人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
スポンサーサイト
テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hidetako.blog45.fc2.com/tb.php/39-900720ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。