日本を見つめる

日本人としての誇りを失った国家・捏造で介入する特亜。 国益より私益の『売国奴』たち。                

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本人は食い物にされていることに気が付いているのだろうか。
国内では、利権と言う化け物に食い物にされ、長い間苦労して治めた年金は官僚が私益に使い、官僚は、自分たちの共済資金が減りだすと、サラリ-マンなどの厚生年金と一体化して、自分たちが受け取る年金を原資とする。
サラリ-マンなどは、年金の掛け金とともに、支給年齢の先送りを官僚はするが、自分たちの支給年齢などの先送りなど全く考えておらず、あいも変わらずに結う有事的な老後を過ごすつもりだ。

社会保険庁は、年金の将来の不審と、官僚による年金資金の私的流用に対しての国民の怒りの国民年金の支払拒絶などに対して、国民健康保険を人質とした法案を検討していると言う。
日本の政治家の無能さがここでも発揮された。
官僚の犯罪を黙認し、それに対しての反発には目を瞑り、官僚が自分たちの行為を反省することもなく、未払い者に対しての国民健康保険という物を使った脅しで自分たちの作為の犯罪行為を隠し、年金資金を無理やりに集めようとしている。

なぜ、わが国の政治家が無能なのか。
選挙に対して、選挙民が地元を優先させる議員を選ぶと言う現実が、議員が自分の選挙区のことばかりを考えて活動している現状が、政治不信とともに、政治家に対して恩を売るように予算を組む官僚に頭が上がらなくなることに気が付いているのだろうか。

官僚は、外国との付き合いと言いながら、自分たちの天下り先を作ると言うことを最大限に優先させ、ODAなどの指定企業などからのキックバックや、有利な才天下りを優先させる行為が、外交にも影響している。

人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hidetako.blog45.fc2.com/tb.php/44-1927dea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。