日本を見つめる

日本人としての誇りを失った国家・捏造で介入する特亜。 国益より私益の『売国奴』たち。                

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
竹島の問題で、先日合意した日韓の約束事を、早速、かの国、チャンコロは反故にしていやがる。

先のにらみ合いのときに、合意などを無理にしないほうが良かったと思うのは私だけだろうか。

非武装の調査船を自分間領土、了解に入れて、不法占拠しているチャンコロが危害を及ぼせば、紛争地域として、国際司法裁判所ら付託することが出来たであろうし、それがわかっているから、阿南事務総長に付帯の拒否宣言を送りつけたのであろう。

『脳無ヒョン』と言う、チャンコロ酋長様は色々楽しませてくれる御仁である。

しかし、彼の行ったな画で一番笑えたのが『静かな外交』と言ったくだりだ。

静かにしているのはわが国であり、かの国と、かの酋長様は、捏造した歴史観を知っていながら自分の政権維持のために使ってきた、歴代のチャンコロ政権がいつ静かな外交をやったのだろうか。

何かあれば騒ぎ、わが国からカネをもぎ取ることばかりに奔走してきたチャンコロ国家が、どこが静かなのだろう。

1952年、当時のチャンコロ酋長、李承晩によって勝手に引かれた李承晩ラインによって、どれだけの日本人漁民が死傷し、抑留され、どれだけの船舶などの資産が強奪されたのだろうか。

これが静かな外交であると言う『脳無ヒョン』と言うチャンコロ酋長の頭の中には,赤ミソでも詰まっているのだろう。

日米も、朝鮮を防衛遷都することをやめ、対馬から、竹島、北海道と台湾にいたる東シナ海の沖縄諸島を防衛遷都するべきではないのだろうか。

アメリカも、チャンコロを守って、無意味であると言う実感を持つべきだ。


人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
スポンサーサイト
テーマ:領土・領海・・経済水域 - ジャンル:政治・経済
コメント
中央日報がドイツ人学者の発言を歪曲報道
貴blogに初めてコメントをつけさせていただきました。
もしかしたら御存知だったかもしれませんが、韓国が国際司法裁判所への提訴を拒否する理由として1年前に中央日報が掲載した独デュースブルク大学東アジア研究所のフロリアン・クールマス教授(56)のコメントというのが、韓国人記者によって意図的に誤訳されていたらしいという話があります。

よろしければ私のblogの「掘り起こされたが百年目 嗚呼 らくちんランプよ・・・」の記事を御覧ください。
また、私のblogに言いがかりをつけてきた馬鹿反日の記事を晒していますので、ご一緒にご一読いただければ幸いです。
2006/04/29(土) 12:51:02 | URL | 篠原静流 #os126ke.[ 編集]

篠原静流 さま
コメントありがとうございます。
貴ブログがURLのリンクされていないために見れません。
リンクか、URLをお願いいたします。
2006/04/29(土) 14:17:02 | URL | kusooyaji #mQop/nM.[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hidetako.blog45.fc2.com/tb.php/54-3dd5f195
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。