日本を見つめる

日本人としての誇りを失った国家・捏造で介入する特亜。 国益より私益の『売国奴』たち。                

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、わが国内のマスゴミという報道組織は自分たちの存在を、勘違いしている。

彼らに共通しているのは、自分たちは報道機関に勤めていて、わが国の国民の考え方を左右することの出来る、エリ-ト、すなわち『選民』だと勘違いしているようだ。又、出入りしている警備関係も、さも、自分が偉いと勘違いしており、どうも、あの世界は人をバカにするようである。

そういっていながら、外国には非常に弱く、特に、中華人民共和国と韓国、北朝鮮に、朝鮮総連・民潭と来ては、『アジアの3馬鹿国』とその関係者だということを『国民』すらわかっているが、彼らの中では違うようだ。

何しろ、この国は、戦後、それまでの『日本国朝鮮県』という、日本の一地方であった、朝鮮半島に対しての変な負い目で、国内に居た『朝鮮人』に対して、一歩も二歩も引けた対応を行ったために、戦後、不法入国した朝鮮人が、戦前の『朝鮮併合』という、後進国を先進国に吸収し、わが国によってインフラを整備し、一気に先進国たる日本と同列の地域にしたが、当時、わが国に働き口を求めて入国した朝鮮人や、戦争末期の『日本国民』に対する『徴用』を、根拠も無い『強制連行』と声高に叫び、わが国への『不法残留の正当化』に使ったのである。

戦争終結時に、彼ら、朝鮮人が行った『違法行為』は全て闇に葬り去られ

たが、日本国民はそれを忘れてはいないし、彼ら『在日朝鮮人』の言う、半島からの強制連行であれば、なぜ、主要都市の、駅前などの一等地が『在日朝鮮人』の所有となっているのか。

又、パチンコや金融業などのわが国内での一定の企業に『在日朝鮮人』ばかりが存在しているのか。

わが国内で『在日朝鮮人』が『差別される』と騒いで徒党を組み抗議を繰

り返しているが、『差別』された民族が一定の経済的地位を得るには、東南アジアなどの『華僑』が行ったように、その時代の施政者とジッコンな関係を組むことが非常に多いが、わが国敗戦時に、当時のGHQの一部の担当者などとの関係においての、闇に葬られた事例があるのではないのか。

東京は、アメリカ軍の空襲により結構の書類が消失している。豊島区にあっては、戸籍謄本の原簿も消失したという話も聞いており、池袋や大塚周辺の駅前の一等地は、ほとんどが『在日』の所有となっており、この辺りに疑惑があるのではないのか。

実際に、結構昔、『戸籍を作った』という人物とあったことがある。本人の弁なので実際かどうかはわからないが、戦後、戸籍の復活を申し出て承認され、新しい『戸籍』を得たという話を聞けば、戦後の混乱期に何が起こったのかわかるし、戦後、日本人が『朝鮮人』を毛嫌いしている原因もこの辺りにあるのではないのか。

彼らは、絶対に自分の非を認めず、相手を追い詰めて、自分を被害者とし責任を逃れることは、私自身、最近経験している。

それ以降、私は『朝鮮人』という民族を絶対に信用することも出来ないし、顔を見るのも否である。



人気blogランキングへ気に入ったらクリック願います
スポンサーサイト
テーマ:いい加減にしろ三国人 - ジャンル:政治・経済
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hidetako.blog45.fc2.com/tb.php/55-ba3b8e18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。